パソコンの熱に扇風機は有用なのか

パソコンの熱が気になる夏場の時期において、最も無難に効果が見込める方法はエアコンを使った空気の冷却となります。
空冷パソコンの冷却では、基本的に室温より低い温度へ下げる事ができない為、循環させる空気そのものを冷やすのは有効な選択です。
しかし、何らかの事情によりエアコンが使えない状況である場合や発熱の大きなパーツを内蔵しているパソコンでは、扇風機を活用してパソコンの熱をうまく逃がす方法が有効となる可能性も考えられます。
デスクトップ型のタワーパソコンであれば、サイドパネルを取り外して扇風機による送風を行う事で、通常よりも多くの空気を循環させられるメリットが生じます。
ただし、パソコンの熱を効率的に逃せるかどうかは、内部パーツの配置関係やエアフローによって左右される要素となる為、必ずしも全パーツの冷却効率が上がるとは言い切れません。
また、サイドパネルを開ける事によって埃や水分などの異物が入りやすくなる点にも気をつけておく必要があります。
元々多くのファンを搭載しているパソコンの場合、扇風機を利用する事で空気の流れに乱れを起こしやすく、パソコンの熱が一部分に留まってしまい逆効果となるパターンもあります。