発生するパソコンの熱は負荷によって変動する

パソコンの熱が生じて内部が高温となる主な理由としては、負荷の高いアプリケーションの実行や室温の上昇・冷却パーツの故障などが挙げられます。
一般的に、CPUやグラフィックボードが発する熱は該当パーツの使用率と共に増加する傾向があり、負荷が小さい状態におけるパソコンの熱はそれほど高くなりません。
処理の影響からパーツの使用率が高くなると一時的に高温状態となりますが、エアフローに問題がなければ時間と共にパソコンの熱が排出されるような仕組みとなっています。
電源ユニットに関しても熱を持ちやすいパーツとなる為、高温な空気が電源内部を経由する構造の場合はエアフローの改善が有効です。
万が一、室温が低めの環境において平常時の発熱が大きい場合には、冷却ファンなどの重要なパーツがしっかり機能しているかを確認する必要があります。
また、室温が高い環境でパソコンを使用する際には可能な限り負荷を与えないよう心がける事で、発生するパソコンの熱を最小限に抑えられます。
特に3D描画や映像関連の処理を行う際には、CPU及びグラフィックボードの発熱が大きくなり、ケース内部の空気が高温となる傾向にある為、気温が高い時期は警戒する必要があります。